腸内環境,改善,期間

絶対に知っておくべき腸内環境改善に必要な期間!短すぎると全く効果なし!

腸内環境が悪いと免疫力は低下しますし、便秘や下痢にもなりやすいですし気力がなくなったり
肌荒れをおこしたりとあまり良いことはありません。

 

腸内環境を改善するためにはサプリメントや腸に良い食べ物や飲み物を摂取したいものです。
生活改善や運動も大切ですがいったい何日ぐらい気を付ければ改善されるのでしょうか?

 

そこで腸内環境改善のために必要な期間について解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

短期間では腸内環境は改善しない!根本的に改善するために必要な期間とは

腸内環境を改善したほうが良いというのはわかっているし実践しようと思っている方も多くいますよね。

 

しかしどのくらいの期間続ければいいのでしょうか?
今日始めたから明日改善された!と言うことはどう考えてもあり得ないですよね?
目標がないとだらだらになってしまい、「ま、いいか」と元の生活に戻ってしまう可能性もありますよね。

 

腸内環境の改善とは簡単に言うと腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすようにするということになります。
腸内のことだけに、生活環境の改善も大事ですが、腸内環境改善に良い食べ物、飲み物を摂取するのが効果的です。

 

 

動物性たんぱく質は悪玉菌のエサとなり増やしてしまうので控えめに、植物性食品を積極的に摂るようにするようにしたいものです。
腸内環境改善に効果的な食べ物の一例をあげると、ヨーグルト・ココア・大豆・緑黄色野菜・ワカメ・リンゴなどです。

 

これらの食品を食べても腸内で善玉菌に変わるのはほんの少しで、一回ヨーグルトを食べたからそれでOKというものではありません。
少なくとも二週間以上は続けたいものです。人によっては効果が表れるのに一か月かかったという人もいます。

 

腸内環境を整えるサプリメントもありますが、サプリメントは薬ではありませんので一粒飲んだから劇的に効くということはありませんので、
食事療法でもサプリメントでもとにかく長く、できればずっと行うことが大切です。

腸内環境の改善は一時的だと意味がない!持続するために大切な事

腸内環境が悪いと疲れやすかったりやる気が出なかったり、がんなどの病気になる可能性も高くなります。
早めに腸内環境を改善しておく方が良いでしょう。

 

食事などに気を付けて腸内環境を改善できたとしても続けなければ意味はありません。
善玉菌が増えるのはなかなかですが悪玉菌はあっという間に増えてしまいます。

 

悪玉菌の好物は動物性たんぱく質で、焼き肉を食べながらお酒を飲み徹夜で騒いで…なんてことを2〜3日続ければ、
今までの努力が全部パーになってしまいます。
とにかくできる範囲でもいいので腸内環境を改善するためのことを長く続けるようにしましょう。

 

 

肉好きで野菜嫌いの人が今日からずっと食生活をがらりと変えて生きていくというのはつらいものがありますよね。
また無理しすぎるとどこかで緊張感が切れてしまい続けることが難しくなっていきます。

 

食事をする時は洋食よりも和食にしてみる、野菜をいつもより多く取るようにする
、アルコールは控えめにおやつはケーキより焼き芋やヨーグルトにしてみる、水分補給はジュースやコーヒーよりミネラルウォーターにするなど、
ちょっと意識を変えるだけでいいのです。

 

腸内環境改善の効果は薄いかもしれませんが長く続けることで徐々に良くなっていきます。
腸内環境改善のために努力しても一週間ぐらいで元の生活に戻ってしまうぐらいなら、
効果が薄くてもそれが当たり前の生活になることによって、気がつけば一年、二年経っていたという方が良いですよ。

まとめ

腸内環境の改善に近道はありません。
食生活を見直して長く続けることが腸内環境の改善には一番良いのではないでしょうか?

 

⇒誰でもできるダイエット!お勧めのファストザイム♪