ファスティング,効果,日数

ファスティングの効果的な日数とは?実はたった3日で効果が出せる!?

ファスティングダイエットと言うのをご存知でしょうか?
英語で「fasting」とは「断食」という意味で、つまりは固形物を食べない断食ダイエットのことです。

 

普通、どんなダイエットでも長期に渡って続けなければなかなか結果が出ません。
あるラインを超えれば痩せていくのですが、そこまでに体重が減らないと
モチベーションが下がってしまって続けられないとしてダイエットを断念してしまう人が多いですよね。

 

しかしファスティングダイエットはすぐに結果が出ますので、ダイエットを続ける意識が高まります。
しかし注意点が多いのも事実です。
そこで今話題のファスティングダイエットの方法と注意点などを解説しますね。

ファスティングダイエットは正しく実践すればたった3日で効果が出る!

ファスティングダイエットは固形物を食べないダイエット法ですが、正しく行えばたった3日で5kgほど体重を減らすことが可能です。
太っている人ほど効果は大きいです。
ただファスティングダイエットは準備期間とその後のケアも必要なため、実際は1週間ぐらいはかかります。

 

胃や腸はずっと動き続けているわけですから、たまにはお休みしてあげる、
つまり断食をして胃腸を動かさないようにするのがファスティングというわけです。
内臓が疲れてくると老廃物を排出できなくなり、毒素が体に溜まってしまい病気になりやすかったりします。
肌荒れや便秘になり新陳代謝も活発に行わないので、元気がなくなり気力も出ず顔色も悪くなりと悪いことだらけです。

 

たまには断食して内臓を休ませてリセットしてあげることが、健康にもつながり余計な脂肪も落とすのでダイエットできるということになります。
体の中には少しずついらないものが溜まってしまっているということですね。人によりますがそのいらないものと言うのが5kgほどあるというわけです。

今話題のファスティングダイエット!絶対に注意するべき事とは

ただ食べないだけで痩せられるなんて夢のようなダイエットですが、しっかりと理解して正しく行わなければ効果がないどころか生命の危機さえあります。

 

ファスティングダイエットは固形物を一切摂らず、酵素ドリンクと水だけで期間中を過ごすというものです。
16歳以下の子供はまだ成長期ですのでファスティングダイエットはしないでください。

 

また60歳以上の人や妊婦、生理中、持病がある方は避けた方が良いでしょう。
実践中に体調が著しく悪化した場合は直ちにファスティングダイエットを中止してください。
ファスティングダイエットは短期間で健康に痩せるというのが目的ですから、体調を崩してしまっては元も子もありません。

 

 

@始めるにあたってはまずしっかりとした準備期間が必要です。
3日ぐらい前から脂っこいものを控えて、野菜中心の食事をします。

 

飲みすぎ食べ過ぎは厳禁です。スナック菓子やケーキなどもやめましょう。
この時点で0.5kgぐらい体重が減る人もいます。

 

 

Aいよいよ本番です。
大体3日〜5日ぐらい、固形物を一切摂らないようにし口に入れるのは酵素ドリンクと水だけです。

 

タバコやアルコールもNGです。
会社の接待やデートが予定されていると、一人だけ何も食べないというわけにはいきませんのでスケジュールをよく考えて日にちを決めましょう。
食べて次の日断食、その次の日は食べるというのでは意味がありませんので注意が必要です。

 

 

B断食期間が終了した後も大切です。
いきなり脂っこいものを大量に食べればリバウンドは必須です。
胃や腸もまだ完全に起きていませんから、まずは消化に優しいものを腹六分目ぐらいにしておきましょう。

●まとめ

ファスティングダイエットは痩せるというよりも体の中をきれいにするというものです。

 

断食が終わった後は舌が敏感になり、素材の味がものすごく美味しく感じられます。
無理をしないように正しく実践して心も身体もリセットしちゃいましょう。

 

⇒ファストザイムは実は効果がない!?その真実を暴露します!